auひかりのプロバイダを決めるための3つの条件とは?

このサイトは「auひかり」に乗り換え又は新規契約を考えていらっしゃる方の為のページになります。

「auひかり」には色々な特典がありますがauスマートホンをお持ちの方は「auひかり」に決まりです。

このページは「auひかり」のプロバイダ選びのページになります。

「auひかり」は全国展開しているのですが地域により契約出来たり、出来なかったりします。

「auひかり」が対応しているか否かと言う事です。

申込可能エリア

戸建てタイプの申し込み可能エリアは
大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、三重県、愛知県、静岡県、岐阜県、沖縄県を除く全国となっています。

マンションタイプは全国に展開しています。

関西と東海地方の戸建てのみがauひかりの提供範囲外なのです。

こちらのページから簡単に検索できますので、もしヒットしなかったら、

関西在住の方はこちらのページへ
東海地方在住の方はこちらのページへ

ここから先は「auひかり」回線が設置可能な方のみのページになります。

auひかりと契約するメリット・デメリット

回線速度はホーム、マンションとも上下最大1Gbps、NURO光に次いで国内No.2です。インターネットだけで無く高品質のIP電話、47チャンネルからなる様々なジャンルのVOD(ビデオオンデマンド)も展開しています。

ホームタイプとマンションタイプがありホームタイプは大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、三重県、愛知県、静岡県、岐阜県、沖縄県を除く全国で提供しています。マンションは全国展開です。

KDDIが電力系通信事業者の幹事会社ですので中部電力系列のコミュファと関西電力系列のeo光は競合を避けるため「ホーム」の提供圏外となっています。

対応プロバイダはは下記の9社になります。

  1. So-net
  2. GMOとくとくBB
  3. BIGLOBE
  4. DTI
  5. @nifty
  6. @T COM
  7. au one net
  8. ASAHIネット
  9. auひかりちゅら
最大通信速度 上り/下り
プランホームタイプ
ずっとギガ得プラン1Gbps/1Gbps
ギガ得プラン1Gbps/1Gbps
ホーム標準プラン100Mbps/100Mbps
 マンションタイプ
ギガ、ミニギガ 1Gbps/1Gbps
G8,G16 都市機構(DXG)166Mbps/664Mbps
V8,V16 都市機構(DX)35Mbps/100Mbps
E8,E16100Mbps/100Mbps
F、F(S)100Mbps/100Mbps
通信IPv4/IPv6デュアルスタック 
メリット

・回線速度が国内No.2の速さ
・他回線からauひかりに乗換えると最大30,000円の還元がある
・契約期間(2年若しくは3年)のあるタイプに加入することで月額料金の割引がある
・auひかり電話に加入することで特典がある
・auスマホユーザーでauスマートバリューに加入することで特典がある

デメリット

・BSや地デジが視聴できない
・マンションタイプを自身で決めることが出来無い
・回線工事に日数が掛かる(約1カ月)

auひかりのプロバイダ選びの3つの条件とは

9社もプロバイダがありますので、この中から自分に合ったプロバイダを探すのは容易な事ではありません。

キャッシュバック、月額料金の値引き、開通後のサポート等、各プロバイダが色々なサービスを用意していますので各社を比較して最も安くてサービスの整った業者を探しましょう。

面倒な作業ですがユーザーにとってプロバイダを選べる余地があるのは幸運な事です。

回線業者によってはプロバイダが1社しかないところもあります。

9社のプロバイダが色んなサービス合戦をしてくれていますので楽しみながら進めましょう。

プロバイダ選びの要点として3つのポイントを挙げました。

1,月額料金
2,キャッシュバック
3,サポート体制

あなたの生活スタイルに合ったプロバイダを選べば良いのですが大事なポイントが4つあります。

ポイント1.
月額料金が安く、尚且つ大手のプロバイダを選びましょう。開通後のメンテナンスや問い合わせをスムーズにする為です。

ポイント2.
月額料金は開通後の2,3年は特典があるので安くなりますが特典が無くなってからの料金をも確認しましょう。

ポイント3.
マンションにお住まいの方は契約タイプが12種類ありますが契約タイプによっては回線速度が違うので注意しましょう。
マンションタイプは自分でプランを選ぶことはできません。

ポイント4.
キャッシュバックは金額にとらわれず、付帯項目や受取りを忘れないために付与時期にも目を通しましょう。

auひかりの月額料金の比較

やはり最も大事なのは毎月の固定費です。月額料金はプロバイダにより結構な差があります。ここは慎重に見極めていきましょう。

ホーム・マンションの各プラン毎、プロバイダ毎に比較表を作りましたので比較して下さい。auひかりの戸建てタイプは3タイプのみとなります。

auひかりは多くの特典がありますが全てauひかり電話を契約しなければ特典を受けることが出来ません。

auひかり電話を契約してこそ、auひかりと契約する意味があります。

プロバイダによって初回契約期間内の月額料金の割引キャンペーンがありますが契約期間が過ぎると本来の料金になります。

キャンペーン中の月額料金と初回契約期間終了後の6年間の総額料金を調べてみました。

ホームタイプの6年は長い期間になりますがauひかり電話の無料期間が5年のプロバイダがあるのでキャンペーン終了後の総額を調べてみました。

総額料金はキャッシュバック金額を差引いています。

すべて「ネット+電話」契約での料金表となっています

auひかりのホームの月額料金比較
キャンペーン中の月額料金
 ずっとギガ得プラン(3年契約)ギガ得プラン(2年契約)標準プラン(契約期間なし)
So-net3,798円4,950円7,480円
GMOとくとくBB(CB)5610円5720円7480円
BIGLOBE   
@T COM   
@nifty   
au one net   
auひかりちゅら   
ASAHIネット   
DTI   
※金額は税込です

ずっとギガ得プランは3年契約、ギガ得プランは2年契約、標準プランは契約期間はありません。初回契約期間内はキャンペーン価格が適用されますが期間が過ぎると本来の月額料金になります。

So-netの月額料金が最も安くなっていますが、このまま6年間継続使用すると下表になります。6年間の月額料金の総額です。

6年間の総額
 ずっとギガ得プラン(3年契約)ギガ得プラン(2年契約)標準プラン(契約期間なし)
So-net351,216円(4,878円/月)404,238円(5,614円/月)534,380円(7,421円/月)
GMOとくとくBB(CB)347,980円(4,833円/月)37,4270円(5,198円/月)514,380円(7,144円/月)
BIGLOBE   
@T COM   
@nifty   
au one net   
auひかりちゅら   
ASAHIネット   
DTI   
※金額は税込です

GMOとくとくBBは最大で61,000円のキャッシュバックがあります。6年間の総額からキャッシュバックを差引いていますのでキャンペーン期間中の月額料金は高いのですが6年間継続使用すると最も安くなっています。

So-netはキャッシュバックがありません。回線開通時の月額料金は安く設定しているのですが6年間で追いつかれてしまいました。

6年後以降の月額料金はGMOとくとくBBもSo-netも同額ですので、これ以上差額が出る事はありません。

auひかりのマンションの月額料金比較

マンションには12のタイプがあります。またそのタイプのそれぞれに「お得プランA、お得プラン、標準プラン」が選べます。

お得プランまたはお得プランAを選ぶとキャンペーン価格が適用されますが標準プランにはキャンペーン価格はありません。

プロバイダによって初回契約期間内の月額料金の割引キャンペーンがありますが契約期間が過ぎると本来の料金になります。

キャンペーン中の月額料金と初回契約期間終了後の3年間の総額料金を調べてみました。

下表は全てのタイプが「お得プランA」または「お得プラン」での料金設定です。

キャンペーン中の月額料金
 マンションギガマンションV16,G16
都市機構(DX)(DXG)
マンションV8,G8マンションE8マンションE16
So-net3,124円2,850円3,180円2,740円2,410円
GMOとくとくBB(CB)4,455円4,180円4,510円4,070円3,740円
BIGLOBE     
@T COM     
@nifty     
au one net     
auひかりちゅら     
ASAHIネット     
DTI     
※金額は税込です

マンションの契約期間は2年です。初回契約期間中はキャンペーン価格が適用されますが期間が終わると通常の価格になります。

下表は3年間の月額料金の総額です。

3年間の総額
 マンションギガマンションV16,G16
都市機構(DX)(DXG)
マンションV8,G8マンションE8マンションE16
So-net133,309円
(3,703円)
123,730円
(3,436円)
135,280円
(3,757円)
119,880円
(3,330円)
108,330円
(3,009円)
GMOとくとくBB(CB)114,275円
(3,174円)
104,650円
(2,906円)
116,200円
(3,227円)
100,800円
(2,800円)
89,250円
(2,479円)
BIGLOBE     
@T COM     
@nifty     
au one net     
auひかりちゅら     
ASAHIネット     
DTI     
※金額は税込です

ホームタイプ同様にGMOとくとくBBはキャッシュバックが最大51,000円あります。回線開通時の月額料金は高いのですが3年間継続使用すれば平均月額使用料も逆転しました。So-netはauひかり電話の基本料の割引がありません。その差が3年後に出たと言う事です。

3年後以降の月額料金はGMOとくとくBBもSo-netも同額ですので、これ以上差額が出る事はありません。

auひかり電話の無料期間
auひかり電話の無料期間
 ずっとギガ得プラン
(3年契約)
ギガ得プラン
(2年契約)
標準プラン
(契約期間なし)
マンション
(お得プラン、お得プランA)
So-net5年(60カ月)5年(60カ月)5年(60カ月)
GMOとくとくBB(CB)3年(36カ月)2年(24カ月)2年(24カ月)
BIGLOBE    
@T COM    
@nifty    
au one net    
auひかりちゅら    
ASAHIネット    
DTI    

auひかり電話の無料期間はプロバイダによって、これだけ違います。GMOとくとくBBはが高額キャッシュバックを引出すための苦心が、この辺りに伺えるようです。So-netもマンションの無料期間を設けていれば価格競争は逆転していたでしょう。

auひかりのキャッシュバック
キャッシュバック
 ホームマンション備考
So-net 
GMOとくとくBB(CB)
61,000円51,000円ホーム:ずっとギガ得プラン、ギガ得プラン+auひかり電話
マンション:お得プランA、お得プラン+auひかり電話
BIGLOBE   
@T COM   
@nifty   
au one net   
auひかりちゅら   
ASAHIネット   
DTI   
※金額は税込です

キャッシュバックの受取は回線開通後1年か2年後になる事があります。申請を忘れない様にしましょう。

多額のキャッシュバックを獲得して月額料金を多く支払っていくか、キャッシュバックも月額料金の支払いも両方抑えていくかの考え方の様に思います。

auひかりのサポート

回線開通後は何かとトラブルが起こるものです。電話による遠隔サポートや出張サポートもプロバイダ毎に整っていますが、その料金も様々です。

サポート
 ウイルスソフトリモートサポート出張サポート
So-netカスペルスキー 550円/月 3カ月間無料330円月 2カ月間無料10,780円/60分未満
GMOとくとくBB(CB)インターネット安心セキュリティ 550円/月 1年間無料電話サポート(相談無料)9,900円/60分未満
BIGLOBE   
@T COM   
@nifty   
au one net   
auひかりちゅら   
ASAHIネット   
DTI   
※金額は税込です

かけつけ設定サポートと言うのがあります。
auひかりのサービスですので申込はKDDIになります。 
パソコン1台またはその他KDDI指定機器1台をインターネットで利用できるように設定します。7,480円(税込)
PCの初期設定を出張サポートで依頼するのでしたら、これが一番安いかと思います。

まとめ

プロバイダ9社のデータが揃っていない事をお詫びします。早急にデータを集めてアップロードする予定です。

個人的にはGMOとくとくBBとSo-netの2択だと思っていますが全ての面でGMOとくとくBBがおススメとなるデータになりました。

引越し等の予定があり短期での契約を考えているのでしたらSo-net、長期の契約ならGMOとくとくBBになるでしょう。

この記事を書くにあたって何度もチャットや電話で質問を重ねましたが対応の良さはSo-netでした。電話もチャットも繋がりやすくメールでの返事も早い印書を受けました。

PCの設定などに不慣れな方にはSo-netをおススメします。

高額キャッシュバックを狙っている方は勿論GMOとくとくBBに決まりです。


タイトルとURLをコピーしました